金貨や銀貨が購入できる自動販売機

「金銀の貯金箱」の店舗には金貨を購入できる自動販売機が設置されています。いつでもお気軽に金貨銀貨を購入いただけます。

03-3553-6311

「金銀の貯金箱」貴金属販売店
東京都中央区新川1丁目21-2
茅場町タワー1階 104

営業時間
(平日) 10:00-18:30
(土) 10:00-17:00

Tel : 03-3553-6311

金貨のお買い求めはこちら »» 自社ECサイト
金貨の自動販売機の漫画

画像をクリックすると金貨の自動販売機の漫画がご覧いただけます。

財界に掲載されました

月刊「財界」に掲載されました。

掲載ページはこちらから »»

世界で価値がある金(ゴールド)の歴史について〜「エジプト」

金(ゴールド)は「価値がある特別なもの」として世界各国で扱われてきました。今でも様々な国で「金」(ゴールド)は高価なものとして存在しています。世界中で通貨よりも確実な貯金方法として地金(インゴット)や金(ゴールド)を購入し、手元に置いている人も多くいます。「エジプト」での「金の歴史」を紹介します。

「エジプト」での金(ゴールド)の歴史

金(ゴールド)は「価値がある特別なもの」として世界各国で扱われてきました。今でも様々な国で「金」(ゴールド)は高価なものとして存在しています。世界中で通貨よりも確実な貯金方法として地金(インゴット)や金を購入し、手元に置いている人も多くいます。「インカ帝国」での「金の歴史」を紹介します。

世界で価値がある金(ゴールド)の歴史について〜「インカ帝国」

金(ゴールド)は「価値がある特別なもの」として世界各国で扱われてきました。今でも様々な国で「金」(ゴールド)は高価なものとして存在しています。世界中で通貨よりも確実な貯金方法として地金(インゴット)や金(ゴールド)を購入し、手元に置いている人も多くいます。「エジプト」での「金の歴史」を紹介します。

「インカ帝国」での金(ゴールド)の歴史

アンデス山脈にあった巨大な国家が「インカ帝国」です。1533年に滅亡しました。インカ帝国を巨大国家にしたのが「金」だと言われています。
しかし、その豊富な金を求めてスペインが攻めてきて滅ぼされてしまいました。
スペインがインカ帝国から奪った金は、相当な量だったそうです。ちなみに、その奪った金(ゴールド)が一気にヨーロッパに流通したことでインフレが起きてスペインの勢力が弱まったと言われています。使い方によっては国をも滅ぼす力を持っているもの、それが金なのです。

世界で価値がある金(ゴールド)の歴史について〜「ヨーロッパ」

金(ゴールド)は「価値がある特別なもの」として世界各国で扱われてきました。今でも様々な国で「金」(ゴールド)は高価なものとして存在しています。世界中で通貨よりも確実な貯金方法として地金(インゴット)や金を購入し、手元に置いている人も多くいます。「ヨーロッパ」での「金の歴史」を紹介します。

「ヨーロッパ」での金(ゴールド)の歴史

ヨーロッパでは、金(ゴールド)の歴史というと有名なのは「錬金術」です。

世界で価値がある金(ゴールド)の歴史について〜「アメリカ」

金(ゴールド)は「価値がある特別なもの」として世界各国で扱われてきました。今でも様々な国で「金」(ゴールド)は高価なものとして存在しています。世界中で通貨よりも確実な貯金方法として地金(インゴット)や金を購入し、手元に置いている人も多くいます。「ヨーロッパ」での「金の歴史」を紹介します。

「アメリカ」での金(ゴールド)の歴史

アメリカの金(ゴールド)の歴史といえば「ゴールドラッシュ」があります。ゴールドラッシュとは、新しく金(ゴールド)が発見されると、一攫千金を狙う採掘者がその土地へ殺到することです。多くの人達が金を求めて集まりました。しかし過酷な労働の末に大金を掴んだのは、ひと握りの人だったそうです。

「資産の保全」には、

  1. 資産の価値自体を守ること(減額させない)
  2. 国の資産没収から守ること

が必要です。

この2つの条件を満たしているのが、金(ゴールド)投資になります。
「有事の金」と呼ばれていることや、ドイツが過去のハイパーインフレの教訓から、米国に次ぐ金の保有量を有していることが、何よりの証拠だと言えます。

基本的に有効なのは金(ゴールド)の現物を購入することです。
証券、いわゆるペーパー投資は有効ではありません。

単純に「投資」という意味で、金(ゴールド)を100万円で購入し、200万円で売却することにより、100万円の利益を出すというものであれば、証券投資で十分です。コストもそのほうが安くなります。

しかし、良く考えてみてください。

円ベースで利益を出したとしても、いずれは円の価値が大幅に下がる、あるいは無くなるような事態を想定して資産を保全することが目的です。

ですので、円ベースで「〇〇万円儲かった!」ということが、そもそも無意味です。

改めて「資産の保全」という観点で考えてみると、証券投資(ペーパー投資)には2つのリスクが存在します。

  1. 経済の混乱による決済不可、換金不可等のリスクがある。
  2. 「資産課税」という形で、預けている資産を没収されるリスクがある。

ですので、金地金(ゴールドバー)や、金貨(ウィーン金貨・メイプルリーフ金貨)などの現物を購入することが大切です。