~朝の日テレ番組"ZIP!"にて紹介されました!詳細はこちら~

会社概要
  
会社名スペースインターナショナル株式会社
代表取締役六川牧志
資本金1500万円
事業内容コンピューター周辺機器の製造販売
USBメモリ、PenDrive、携帯電話周辺機器の販売
金貨・銀貨・プラチナコイン、純金アクセサリーの販売
本社
〒104-0033
東京都中央区新川1丁目21-2 茅場町タワー1階 104
設立年月日平成13年10月9日
電話番号03-3553-6311
ファックス03-3553-6315
ホームページhttp://www.pendrive.jp
http://www.pendrive.co.jp
http://www.usbmemory.jp
http://www.spacein.jp
http://www.spacegold.jp
http://www.spacegold.net

最寄駅

地下鉄 日比谷線・東西線の茅場町駅 又は
日比谷線・JR 京葉線の八丁堀駅より徒歩8分

道順

永代通り沿い、永代橋手前セブンイレブンの隣が新店舗です。

地図


大きな地図で見る >>

会社沿革

2001.10 創業
2002.04 東京都江東区有明、東京ファッションタウンビルに本社移転
2003.06 ポールペン組込型USBメモリのPenDriveTioの発売
2003.10 商標登録 PenDrive<ペンドライブ>
2004.05 有限会社から、「スペースインターナショナル株式会社」に組織変更
2005.02 クレジットカード型のUSBメモリ「CarDrive」を発売
2005.05 資本金を1500万円に増資
2005.07 PenDrive Tioを発売
2006.02 PenDrive OneShot(ペンドライブワンショット)の発売
2007.01 業務拡大のため、東京都中央区八丁堀に本社移転
2009.04 Pen Drive Wood(ペンドライブウッド)を発売
2010.01 "SPACE"を商標登録する
2010.02 東京ギフトショー(ビッグサイト会場)にブース出展
2010.07 第21回 ISOT2010 国際文具・紙製品展 開催 出展
2010.12 エコプロダクツ2010出展
2011.01 金貨・銀貨の自動販売機を開発、発表会を開催
2014.02 実店舗「金銀の貯金箱」オープン
2015.10 楽天ショップ「金銀の貯金箱」リニューアルオープン
2016.03 Yahooショップ ”金銀の貯金箱"名称変更
2017.03 2017年3月 本社を茅場町タワー(東京都中央区新川)に移転
金銀の貯金箱 バナー

貴金属販売店「金銀の貯金箱」とは

金銀の貯金箱とは1
金銀の貯金箱とは2
金銀の貯金箱とは3

純金貯金の仕掛人・六川牧志が日本人の生活を守るため、
純金の貯金文化を広めるために作ったのが「金銀の貯金箱」です

日本においては、海外に比べると純金で貯金をする文化はあまり広まっていません。
しかし、純金で貯金をするということは家族の生活を守ることに直結しています。

通常、何か購入すると消費をして終わりですが、金銀などの貴金属を購入すると、それは購入即貯金となります。
ではなぜ純金で貯金をすることが必要なのでしょうか。

それは、現在流通している日本円はいつ価値がなくなるかわからないからです。

現在の日本の借金は1000兆円を超えています。
現段階で日本が破産して、日本円が暴落することはないかもしれませんが、
10年、20年後にはどうなっているかはわかりません。

しかも、金の価格は長期的にみると上がってきているので、
購入を先延ばしにすればするほど価格が上がってしまう可能性が高いです。

それに対し、純金の価値は世界的に認められ、
紙幣の価値が下がっている社会不安の時には、さらに価値が高まります。

つまり、現段階で純金を購入し、貯金を行うことはとてもメリットがあり、
家族を将来にわたって守ることに他ならないのです。

純金貯金の仕掛人・六川牧志の狙いはここなのです。
それなので、金銀の貯金箱というブランドを立ち上げ、啓蒙活動もかねて純金を販売しています。

スペースインターナショナル(東京都中央区)では、法人のノベルティ、記念品、ギフト、販促品に最適なUSBメモリを提供しています。
本体にロゴ入れ、名入れができるUSBメモリは、いろいろな大きさ、タイプを用意しています。

また、日本の皆さんが安心して生活できるように、金貨・銀貨・ゴールドバー・インゴッドの販売を行っています。
東京都中央区にある店舗【金銀の貯金箱】には、当社が開発した「金貨・銀貨の自動販売機」が設置されていて、誰でも手軽に金貨・銀貨を購入できるようになっています。

TVで放送されました。