TOP > 貴金属販売 > ジンバブエ ハイパーインフレ貨幣

ジンバブエ ハイパーインフレ貨幣

ジンバブエドル ハイパーインフレ紙幣    

ジンバブエドル ハイパーインフレ紙幣 5枚セット
 

1987年から発行した紙幣前面の主な図はハラレ エブォス(Epworth)にあるチレムバ バランシング ロック(Chiremba Balancing Rocks)だ。 この石は虚弱な環境を保存するのと結びついた発展の重要性を説明するために隠喩的なテーマとして使われる。[2]この石はジンバブエ準備銀行のエンブレムの一部だったがそのエンブレムはすべての持参である支給小切手(Bearer cheque)と農業小切手(Agro cheque)に使われた。 この小切手は2003年9月15日から2008年12月31日間に流通した。 ドル紙幣の裏面は普通ジンバブエの文化または、ジンバブエのランドマークを描写する。

最初のジンバブエ ドルは1980年に導入されたしローデシア ドル(Rhodesian dollar)を1対1比率に変えた。 ISO 4217コードはZWDであった。 当時ジンバブエ ドルが導入された時、ジンバブエ ドルはアメリカ ドルより価値が高かった(ZWD 1 = USD 1.47). しかし、貨幣の価値は数年間早く価値が落ちた。 2006年7月26日、闇市でジンバブエ ドルの価値はZ$100=GB?1に落ちた。

2005年10月に、ジンバブエ準備銀行の総裁であるギデオン、コウノ(Gideon Gono)は"ジンバブエは来年に新しい通話を使うだろう"と宣言した。 新しい紙幣課コインは現在のジンバブエ ドルを代えることになる。 Gonoは新しい通話の名前を定めなかった。 2006年6月に、財政部副長官であるDavid Chapfikaは新しい貨幣が導入される前にジンバブエは二席数字のインフレーションと同じマクロ経済的な安定化を成し遂げなければならない必要があると主張した。

新しいドルは2006年8月1日に1新しいドル= 1,000過去のドルの割合で単位が変わった。 新しいドルは100セントで細分化されるが、セントは実際に使われない。 単位が変わるにつれ、政府はアメリカ ドルとの為替レートを60パーセントに下げて101,000過去のドル(101新しいドル)が1アメリカ ドルだったが、為替レートが変わるにつれ250新しいドルが1アメリカ ドルになることになった。(下の為替レート チケットを参照しなさい). ISOは初めにこの新しい貨幣の貨幣コードでZWNを指定したが、ジンバブエ準備銀行は貨幣変化を解決できなくて貨幣コードはZWDに残ることになった。 高櫓歌が"サンライズ計画(Operation Sunrise)"と命名した評価切上げキャンペーンは2006年8月21日に完了した。 約10兆の過去のジンバブエ ドル(全体通話量の22%)がこの期間の間に変わらなかったと集計された。

2007年9月6日、ジンバブエ ドルは92%で価値が下落されて公式的な為替レートが30,000ジンバブエ付けに行って1アメリカ ドルになることになった。 だが、闇市で為替レートは600,000ジンバブエ ドルが1アメリカ ドルになると推定される。

その間WM/ロイターは闇市の為替レートをさらに反映する概念的為替レート(ISO ZWD)を導入した。 両替の不足があって公式比率を得るのが大変だったために、計算方法はHarare(ZH)とロンドン株式市場に同時に上がってきている企業を活用するPurchasing Power Parityに基づいた。

ジンバブエ ハイパーインフレ貨幣の購入はこちら



自社サイト販売ページ
自社サイトショッピングサイト

楽天ショッピング販売ページ
楽天提携ショッピングサイト

yahooショッピング販売ページ
Yahoo提携ショッピングサイト テレビ朝日 スーパーJチャンネルで全国放送されました。